二乗の空論

気になったことをつらつらと書きます。不定期。

うな次郎 vs うなぎ風味蒲焼 ~ディストピア頂上決戦~

土用の丑の日が近づくにつれて、この時期どこのスーパーへ行っても

うなぎのセールをやっているのを見かけます。

 

ただ残念なことに、蒲焼きに使われているニホンウナギは絶滅危惧種の指定を受けています。
www.sankei.com

 

ニホンウナギは2014年に国際自然保護連合(IUCN)により、2014年から絶滅危惧種(EN)の指定を受けてはいます。

今年になって改めて騒がれているのは、ニホンウナギの輸入元でもある台湾でこういったことがあったからなのですね。

 

絶滅しかけのウナギを食べるのも忍びないので、本日はウナギを似せて作った代用品をご紹介いたします。

 

 

代替うなぎ2種類

スーパーでみつけることが出来たのはこの2種類。

左側はSNSでも話題になっている「うな次郎」

右側は初めて見ました。ニッスイの「うなぎ風味蒲焼き」

f:id:SquareTheory:20170725220432j:plain

どちらも298円+税でした。

SNSでは代替品のうなぎはディストピアうなぎと呼ばれていますが果たしていかに・・・

ではひとつずつ見ていきましょう。

 

 

うな次郎

まずは「うな次郎」から。

f:id:SquareTheory:20170725220434j:plain

パッと見ではうなぎの蒲焼と見間違えるほどの出来栄え。

この時点でこだわりが感じられます。

 

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220427j:plain

専用タレと山椒もついていました。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220426j:plain

お皿に出してみました。

ところどころに見える焦げ目や筋の入り具合にリアリティを感じます。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220431j:plain

裏面はうなぎの皮が再現されています。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220422j:plain

やわらかいので、箸でサクッと切ることができます。

切っていて驚いたのが「皮」の再現度です。

身の部分はふっくらやわらかなのですが、皮の部分は本物のように、

すこしグニグニとしていて弾力が強めに作られていました。

皮にまで手を抜かないとは・・・食べる前から驚愕です。

 

 

うな次郎の味について

・味の前に香りがすごい。パッケージから出した時に漂うウナギの香り。

 香りはほぼ100点なのではと思われます。

 甘ダレの香りだけでない、ちょっと魚っぽい「うなぎ」にしかしない

 あの香りがうまく再現されています。

・身はやわらかくて舌でつぶせるくらい。本物より少しやわらかい。

・皮の食感は箸で切ったときに感じたとおりで、弾力が強め。本物の皮の食感に近い。

・味はしょっぱめ。専用タレはかけなくても十分おいしい。

・油分はあまり感じられませんが、油っぽいのが苦手な方は逆にいいのかも。

 

総じて満足度が高い一品に仕上がっています。

 

 

ニッスイのうなぎ風味蒲焼

続いてはニッスイのうなぎ風味蒲焼です。

ニッスイは魚肉ソーセージや冷凍食品など、加工食品を幅広く取り扱う大手メーカーです。

f:id:SquareTheory:20170725220435j:plain

 パックになっています。

タレや山椒は付属していません。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220429j:plain

 お皿に出してみました。

うな次郎と比べて厚みが倍以上あります。

ふっくらやわらかそうな感じが伝わってきます。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220420j:plain

裏面は皮が再現されていました。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220424j:plain

 箸で切ってみました。

うな次郎と同じくやわらかいのでスッと切ることが出来ました。

皮も身と硬さを変えて再現しようとしている気概がみえます。

ただ、うな次郎の再現度には一歩及びませんでした。

  

 

ニチレイのうなぎ風味蒲焼の味について

・香りは「うなぎ!」というより「魚!」に近いです。

・身はやわらかく、ホロホロと口のなかで崩れていきます。

・皮も再現しようと頑張ってくれていますが、ちょっとやわらかいかも・・・

・味はしょっぱすぎず薄すぎず、ちょうどいい塩梅です。

・こちらも油分はあまり感じられません。

 

 

 

判定は・・・?

 個人的には「うな次郎」の方が美味しかったです。

見た目、味、香り、食感・・・すべてに死角がありませんでした。

相当こだわって作られていることなのでしょう。

おいしゅうございました。

 

f:id:SquareTheory:20170725220428j:plain

 最後は一切れずつご飯にのせてうな丼に。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220423j:plain

せっかくなのでタレもかけまして。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220425j:plain

山椒も振りまして。

 

 

f:id:SquareTheory:20170725220433j:plain

お吸い物と日本酒をつけて出来上がりです。

最後まで美味しくいただけました。

 

 

 

まとめ

うな次郎の存在を知ったのは去年だったのですが、売っているのを見つけることが出来ませんでした。

今年になって念願かない、ようやく食べることができました。

その流れで、他の代替うなぎを見つけることを出来たのは収穫でした。

うな次郎やうなぎ風味蒲焼以外にも、各社うなぎの代替品を出しているようなので、

見つけしだい食して見たいものです。

 

安定供給が見込めるほどにニホンウナギの生息数が回復するまでは、

代替品で一杯やるのも悪くないかも知れませんね。